親が見る小学生の家庭学習

子供たち二人とも早生まれ。

まなびwith 通信教育

まなびwith(ウィズ)が四月号無料で試せるチャンス!だけど注意点も

投稿日:

まなびwith(ウィズ)の4月号無料キャンペーン

2020年1月22日から2020年2月28日までの限定でまなびwith(ウィズ)の各講座が四月号無料というかなり大きなキャンペーンを始めました。

1年生コースでも1か月3,685円、6年生コースで5,555円ですからかなりのお得感があるには間違いありません。

しかしよくよく調べてみると今回のキャンペーンは気を付けなければならない点がいくつかあります。

今回はまなびwith(ウィズ)を受講しようかなぁと思っている我が家のような方に向けて、まなびwithで行われているキャンペーンについて注意点なども交えながらお話していきたいと思います。

まなびwith4月号無料キャンペーンの詳細

今回のまなびwith(ウィズ)4月号無料キャンペーンは、最短受講期間3か月のうちの1か月分の受講料が無料になるというものです。

6か月一括払いの場合は、まなびwithの料金が5か月分で6か月、12か月一括払いの場合は、11か月分で12か月受講できるということになります。

manabiwith_campaign

まなびwith(ウィズ)4月号無料キャンペーンの注意点

確かに、まなびwith(ウィズ)に書かれているように最大で5,555円お得になるかもしれませんが…、一回始めたら、最低でも7,370円(小学1年生コースの場合)ほどかかってしまうということになりますね。

また現在開催中の「のりかえ割」(他の学習塾や通信教材などを使用している人向けの1か月号分無料キャンペーン)との併用はできないため、

我が家のようなチャレンジをやっているけど、まなびwithも気になるなぁという人には併用はできません。

必ず最短でも2か月分の受講料を支払う必要があります。

また、楽天とまなびwithのキャンペーンである、新規入会したら楽天スーパーポイントを1,000ポイント分プレゼント!というサービスも、今回の4月号無料キャンペーンでは適用にならないようです。

manabiwith_rakuten

福利厚生でまなびwithが安くなる?

しかしよくよく読んでいくと、まなびwithは福利厚生で割引されたり、ドラキッズや小学館アカデミーの会員だったりすると割引があるようです。

この割引は、今回の「4月号無料キャンペーン」でも利用できるようなので、会社の福利厚生でまなびwithが安くなる人は是非とも利用してみてはいかがでしょうか。
manabiwith_fukurikousei
こちらの会社では、まなびwithが10%割引になるようですね!

月払いの場合、1年生だと3,685円なのでその10%引きということは3,317円程度でまなびwithを利用できるということですね!

しかし、福利厚生って、夫の会社であることが多くて…、

フタを開けたら『実は福利厚生で安くなりました。今までの分は適用できません。』っていうことが多いので、

取引先に小学館などがある会社(調べたらベネフィットステーションというところにもあるようです。)にお勤めの方はちょっと調べてみるといいかもしれません。

POINT

まなびwithは福利厚生やドラキッズ、小学館アカデミー会員だと安くなる可能性も。

ただし、福利厚生はよくよく自分で調べてみないと以前のものは適用外になるので、十分に注意を!

コープでもまなびwithが安くなる?

また調べていくとコープ(生協)でもまなびwithが安くなるキャンペーンがあるようです。

我が家で入っているコープでは残念ながら、まなびwithが安くなるキャンペーンは見つけることができなかったのですが、「生協ひろしま」などでは、まなびwithがだいたい10%割くらいになるサービスがあるようです。

4月号無料キャンペーンは去年も実施されていた

記憶が正しければ確か、この四月号無料キャンペーンは、ドラゼミからまなびウィズに変更になった2019年2月末にも同様のキャンペーンをやっていました。

娘がちょうど小学校に上がる時だったので、どうしようかなぁと悩んでいたのを覚えています。

しかし、まだまだ小学校生活にも慣れていないし、何よりこどもチャレンジのしまじろうからチャレンジのコラショのコラボがこどもチャレンジでもうまいことされていて娘は、進研ゼミ小学講座「チャレンジ」を継続する気満々でした。

また、教材が多すぎても娘のモチベーションが下がってしまうかなぁと思いましたので、去年は受講を断念。

今回も悩んでいますが、最短受講が3か月もあることを考えるとやはりチャレンジとの併用は値段的に出費が痛いなぁと感じてしまいます。

まなびwith4月号無料キャンペーンがおすすめな人・不向きな人

今回調べてみたところ、まなびwithの4月号無料キャンペーンは、講座を受講しよう!と思っている人にとってはかなりお得なサービスであると言えます。

もちろん、会社の福利厚生やコープなどを通して、できるだけ安くまなびwithを受講できるのもメリットです。

そういうまなびwithは必ず受講したい!という人に大変、おすすめのキャンペーンであります。

反面、我が家のように他の通信教育をやりつつ、まなびwithはどうだろうか?と悩んでいる人にとっては、最短3か月の受講というのは長く感じ、チャレンジなどと並行して同額程度の受講料を払うのは厳しいかなぁという印象を持ちました。

ですので、やはり今回では、まだ低学年ということもありますので、まなびwithの受講はあきらめようかと思います。

まなびwith4月号無料キャンペーンのまとめ

去年に引き続き、まなびwithでは4月号無料キャンペーンという大きなキャンペーンを行うことになりました。

ドラゼミの頃よりも、こういったキャンペーンは頻繁にやっているイメージですね。

しかし、やはり最短3か月というのは値段としても結構な金額になってしまうことを考えると気軽に始められる金額ではないですね。

ベネッセの進研ゼミでは最短1か月で受講できる!なんていうサービスもありますから、お試しでやりたい!という人にはそちらの方がいいのかもしれませんね。

ただ、本気でまなびwithをやっていこう!という人にとってみれば、1か月分の受講料がかからないということで、かなりお得に受講できるのは間違いなしです。

ドラゼミについて

ドラゼミに興味がある方はこちらから資料請求をどうぞ!

小5でドラゼミ受講を悩んでいる人でも年長さんでドラゼミを始めようと悩んでいる人でも。

資料と一緒に実際のドラゼミ教材の算数と国語のワーク3回分程度をもらえるのでまずは試してみたい!という方にお勧めです。

かなり良問ですので、国語・算数だけでも受講する価値があると思います。

 

我が家も年長さんのときに小学校1年生のものを資料請求して受講することを決めました。

勧誘のはがきが時々届くくらいで、電話自体の勧誘は一切なかったのがとても好印象でした!

【2019年3月末でドラゼミ終了】

2019年4月から小学館の通信教育はドラゼミから「まなびwith(ウィズ)」に変更になりました。

何度も受講の検討を重ねていて、教材の特徴も捉えているつもりです。

ドラゼミの頃から独創性とか創造・想像力を意識した作りになっていると思うので、「まなびwith(ウィズ)」はより発展的な問題意識を培いたいという人にオススメです!

-まなびwith, 通信教育
-, ,

Copyright© 親が見る小学生の家庭学習 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.